HOME>オススメ情報>独自の予約システムとマンションの種類を把握しよう

申し込みに必要なものと独自のシステムとは

女性

大学や専門学校に進学するにあたり、一人暮らしを始めるという方も多いことでしょう。その際の住居の選択肢として考えられるのが学生マンションです。学生マンションに申し込む際は、合格証書や学生証など、学生であることを証明できるものを準備する必要があります。また、学生マンションには、合格前予約や事前予約など、独自のサービスがあるので、利用するのも良いでしょう。合格前予約は、受験前から部屋を予約できるシステムで、不合格の場合はキャンセル料がかかる場合もあります。一方の事前予約は、事前に卒業して退去予定の人の部屋を予約しておくシステムです。入居する4月までは家賃を払う必要がなく取り置きできるので、推薦入学で合格できた場合などにはとても便利です。

自分に合ったタイプを選ぼう

学生マンションは、学生を対象にしている賃貸マンションなので、一般のマンションよりも気兼ねなく住むことができるでしょう。中には、女性専用の物件や女子専用フロアを取り入れているところもあります。女性専用マンションは、オートロックなどセキュリティシステムがしっかりしているところが多く、安心して住むことができます。中には、インターネット回線はもちろん、ケーブルテレビやその他の家電や家具などが備え付けられている物件もあります。生活用品一式が備え付けてあれば、引越しの際の荷物が少なくて済むので便利です。他にも、管理人がいるところ、食事サービスがあるところなどがあるので、必要に応じて選択すると良いでしょう。

物件を決める時に注意しておこう

学生マンション自体、比較的、数が限られているので、専門学校や大学が多い地域では、早めに物件が埋まってしまうケースも多いです。そのため、部屋探しは、予約システムを利用するなどして早めに決めておくことが大切です。設備の充実度や学校との距離、また、家賃などをよく考慮して決めることも重要でしょう。加えて、防犯カメラやオートロックなど防犯面のチェックも必要になります。中には、2人でシェアできる物件もあるので、友達と入居したい人は検討してみても良いでしょう。

広告募集中